筋トレ 月島 ダイエット

40代からの女性がストレスなく痩せるパーソナルトレーニング

214。永久保存版!読むだけで綺麗に痩せていく方法 タンパク質の量

 


仕事、育児、介護、そして更年期を迎える

40歳からの女性がフィットネスを通じて心身ともに軽くなり

毎日ご機嫌に生き生きと過ごしていって欲しいという信念を持って

東京江東区、中央区、月島、佃で活動している

パーソナルトレーナーの片山です。

 

前回はタンパク質が大切という話を
書きました。
今日はでは一体どのくらい
食べればいいのかについてお話しします

40代位の女性ならタンパク質量で
だいたい体重の1.2倍から1.5倍くらい
1日で摂取したい所です

例えば50キロだとすると
75グラムのタンパク質が必要になります

コンビニで売っている
サラダチキンがタンパク質
だいたい25gなので
朝昼晩一枚ずつ食べるイメージです

もちろんサラダチキンを3枚
食べてくださいと言っているわけでなく
卵や納豆、魚や牛肉など
バランスよく食べていただく方が
健康的です!

片手の平に乗るだけのお肉やお魚の量が
ざっくりですがだいたいタンパク質20gとなります

これにお豆腐や納豆、卵の副菜がつけば
完璧です!

 

お食事だけですと意識しないと意外にタンパク質が取れず

糖質や脂質が多くなってしまうのが現実です。

夕方のおやつの時間に意識してチーズや卵を使ったものを取り入れたりして

体を作る材料となるタンパク質を摂取していきましょう

(卵サンドや茹で卵、チーズやプロテインはおやつとして取り入れやすいので)

 

次回は脂質についてお話しします

 

ダイエット パーソナルトレーニング 更年期 食事・栄養の摂り方

213。永久保存版!読むだけで痩せていく方法 タンパク質の重要性

 


 

こんにちは。

太りやすくなってしまった

何をしても痩せなくなってきた

心身ともに疲労している

不安や悩みが尽きずイライラしがち

そんな更年期に入る女性の為に

フィットネスを通じて

心身ともに軽く毎日を生き生きと過ごしていただけるよう

パーソナルトレーナーとして活動している片山ちひろです。

 

やつれずに綺麗に痩せていく方法として
今までは糖質制限は人間の機能に反しているので心も体もバランスが崩れ
不健康になってしまうということを
話してきました。

今回は タンパク質の重要性について
お伝えしていきます。

糖質は体や脳を動かす
車でいうとガソリンの役目です。

私達の内臓、筋肉、爪、髪、皮膚などは
タンパク質から出来ているので
車でいうところのタイヤやボディとなります。

タンパク質が足りないと
筋肉がなくなり、髪もパサパサと
なってしまいます。

今はタンパク質の重要性がだいぶ
浸透されてますが
意識しないと必要量摂取するのは大変です。

次回はタンパク質は
どのくらい摂取すればいいのか
お伝えしていきます。

お楽しみに!

 

 

 

ダイエット 更年期 食事・栄養の摂り方

212。永久保存版!読むだけでやつれずに綺麗に痩せていく方法 糖質の量

 


なかなか痩せなくなってきた

太りやすくなってきた

更年期からの女性がフィットネスを通じて不安やお悩みが軽減され

心身ともに生き生きと過ごしていただければと思いながら

活動しているパーソナルトレーナーの片山ちひろです。

 

 

糖質は痩せるにも必要、
健全な思考、健康の為にも必要と
お伝えしました。

ではどのくらいの糖質が必要なのか
お話しします。
まず、脳みそは生きているだけで
1時間辺り5gの糖質を必要とします

1日24時間なので
5g✖️24=120g
は絶対必要となります。

小さなご飯茶碗一杯で
だいたい糖質40gくらいなので
1日三杯食べても
絶対太りません

皆さんは24時間寝ているわけではなく
頭を使ったり
体を使ったりするので
4杯、5杯食べても太るはずはないのです。
安心して白米を食べてくださいね。

 

 

 

 

 

NASリバーシティ21 ダイエット 更年期 食事・栄養の摂り方

211。永久保存版!読むだけで綺麗に痩せていく方法③糖質の必要性

 


NASリバーシティ21、月島、佃、豊洲で

アラフォー女性の為にパーソナルトレーニングをしている

パーソナルトレーナーの片山です。

 

「やつれずに綺麗に痩せていく」には
3食+夕方に捕食を食べてください
と前回お伝えしました。

では今日は糖質の必要性について
説明します。

まず糖質は 白米、パン、うどん、そば
さつまいも、パスタなどの
主に主食となる炭水化物と考えていただいて結構です。
(厳密に言うと炭水化物から食物繊維を抜いたものが糖質)

糖質制限ダイエットは体重が減るのが速いので取り入れる人が多いのですが
糖質は体内で水分と結びつくので
糖質制限で減る体重はほぼ水分です。
体脂肪が減っているわけではないのです

また脳みそを動かす唯一の栄養素は
ぶどう糖(糖質の種類)なので
糖質制限をすると
頭が働かず、脳も萎縮する
可能性すらあると言われています。

また脂肪を燃やしてくれる
ガソリンとしての役割があるので
体脂肪を減らしたかったら
糖質が必要です。

さらに糖質がないと筋肉を削って
体や脳を動かすガソリンを作り出すので
筋肉が減り疲れやすく
やつれていきます
これが糖質が必要な理由となります。

糖質をとると太る
という人がいますが
そのような人は白米ではなくて
菓子パンやクッキーなどを
お腹がすいたらご飯がわりに
つまんでいませんか?

菓子パンやクッキーは沢山食べたら
それでは太ります。

またお腹がすくときは
脳みそがエネルギー切れを起こして
てっとりばやく糖を入れたい状態です。
しっかり炭水化物をとらないで
お菓子ばかり食べても
お菓子に含まれてる糖は果糖なので
脳のエネルギーのぶどう糖が足りなく
いくら食べても満足できないんです。

それが過食症の発端になったりします
お菓子が止まらないという人は
思い切って沢山白米やパスタ食べてみてください。
お菓子も辞められますよ!

次は適切な糖質の摂取量について
です。お楽しみに

 

タグ :

NASリバーシティ21 ピラティス 更年期 食事・栄養の摂り方

210。永久保存版!読むだけでやつれずに綺麗に痩せていく方法②食事の回数

 


月島、大井町、豊洲で

アラフォー女性の為のパーソナルトレーナーをしている片山です。

 

コロナでなかなかスポーツクラブに行けなくなってしまった方もいるかと思います

そんな方向けに読むだけで「やつれずに綺麗に痩せている方法」を

食事編と運動編に分けて定期的に投稿していきます。

 

 

今回は食事の重要性です。

痩せたければ食べないといけません。
ファスティングや16時間断食など
いまだに流行っていますが
一生何も食べずに生きていけますか?
きっと意思が強い人も2日か3日が限度かと思います。
この我慢の上に減った体重のほとんどは
体内の水分がほとんどで、あとは筋肉ですね。
人間は食べない運動しないと筋肉から減っていくのです。
生きていくのに大切な脳みそや内臓維持が優先なので

低栄養状態の元では一番栄養を必要とする筋肉は一番に

削られてしまうのです。

 

食べないダイエットのデメリットをまとめると

①脂肪よりも先に筋肉や骨密度が落ちていく→よってリバウンドと骨粗鬆症のリスク
②疲れやすくなる
③次の食事がドカ食いになる
④一生続けられない
⑤常に食べ物のことが頭から離れず
過食症になるリスクがある

⑥代謝が悪くなり普通の食事をしただけで太ってしまう(特に糖代謝が悪くなる)

⑦爪、皮膚、髪、歯がボロボロになり見た目もやつれて骸骨のようになる可能性も

などがあげられます。

「やつれずに綺麗に痩せていく方法」
としては
1日3食+夕方に捕食(おやつ)を
きちんととることが大切です。

明日はではどんな食事をとれば
痩せるのかについて説明していきます

お楽しみに

 

インスタグラムもやってます
@pt.katayamacom からフォローお願いします

 

 

NASリバーシティ21 ダイエット 更年期 食事・栄養の摂り方

1 2 3 44