ピラティス 月島 ダイエット

中央区唯一40代からの女性専門パーソナルトレーニング

月島・佃でお腹周りが気になり始めた50歳前後の女性へ

34.正しい姿勢より猫背の方が楽だと思う人

 


こんにちは。

世田谷、目黒、自由が丘を中心に活動している

疲れにくい体づくり専門の片山ちひろです。

 

今日は「猫背」についてお話します。

というのも、とても身近に猫背さんがいるんです。。

 

 

これ、私の息子です(泣)

口をすっぱく「姿勢よく」「お尻は前に出さない」と

小学生にわかるように言うのですが

気を抜いたり、体調が悪かったりすると猫背気味になっています。

写真を見るとお分かりになるかと思いますが

骨盤が丸まっていますよね?

これを「骨盤後傾」と言います。

 

息子は良い姿勢を取ろうとするととても疲れる、と言います。

この姿勢の方がラクだと。

だから油断するとまだ猫背になってしまうようです。

 

猫背の方が楽チンならその方が体への負担は少ないのではないの?

 

猫背の方が自分に取って楽チンな姿勢なら

その方が体には負担がないんじゃないかと誤解されている方いらっしゃいませんか?

 

猫背やソファにもたれて座る少しだらしのない恰好が

確かに楽だなと感じることがあります。

でも、実はこれ頭の中(脳)では「楽ちん」と勘違いしているのかもしれませんが

肩や首、腰には負担がかかっています。

 

悪い姿勢になれてくると、肩、背中、首、腰などの筋肉が

悪い形で固まってしまいます。

こうなると、正しい姿勢良い姿勢を取ろうとするとつらくて疲れると感じてしまいます。

 

それでも猫背の悪い姿勢やだらしない姿勢を続けていると

固まった筋肉たちが悲鳴を上げて「痛み」が出てしまいます。

 

猫背の原因は?

 

生活習慣と筋力の低下ですね。

ちなみに、息子はまだ11才なので明らかに生活習慣です。

 

これを読んで下さっているあなたは

生活習慣もそうですが、加齢による筋力低下もあります。

 

猫背を治すエクササイズ・トレーニングをご紹介

 

では、もう自分が猫背だと自覚されているなら

痛みが出る前に猫背治しましょう!

 

痛みが出たら日常生活に支障が出てしまいますからね。

 

正しい姿勢を辛い、疲れると思われると思いますが

いい姿勢の時間を段々長くしていけば大丈夫です!

 

いい姿勢を意識するだけでもいいのですが、

特に猫背で骨盤後傾の方は、足のももの裏側の筋肉とお腹の筋肉が弱くて硬いです。

なので、ここの筋肉を伸ばして鍛えるエクササイズをすると

いい姿勢をとっても疲れなくなります。

 

ももの裏側を伸ばすストレッチは

あおむけに寝て、両膝を立て

片足ずつ上にあげ、足を手前に引き寄せる。

硬かったらタオルを足にひっかけて行ってもいいですね。

 

そしてお腹。

猫背さんは、お腹に力が入れられないから

お腹ポッコリさんが多いです。

「腹横筋」というお腹の一番奥にある筋肉が弱いんですね。

「ふくおうきん」と読みます。

 

その筋肉を鍛える簡単エクササイズは

背もたれのついた椅子にきちんと背中を伸ばして座る

片足ずつ持ちあげる

 

がお薦めです。

 

私も、息子への猫背解消トレーニング

プロの意地をかけて頑張ります!

 

33.認知症予防と寝たきり予防対策には運動習慣

 


こんにちは。

渋谷、世田谷を中心に活動している

「いつまでも動ける疲れにくい健康な体づくり」専門の片山ちひろです。

 

1週間以上たってしまいましたが

先々週の金曜日ですかね、日経新聞を読んでいたら

こんな記事が出ていました!

 

日本人の平均寿命が女性87.26歳、男性81.09歳と過去最高を更新したそうです!

世界的に見ても女性は2位、男性は3位の長寿大国だそうです!

 

100歳どころか、130歳まで生きたいと思っている私にとっては

とっても嬉しいニュースです。

 

しかし今後、平均寿命が延びたことに伴い健康寿命との差が拡大するともネットニュースに書かれていました。

私のブログにはよく登場するキーワードですね、健康寿命は。

 

平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある不健康な期間を意味してしまうんです。

その差は男性で10年弱、女性は13年弱と言われています。

 

130歳まで生きたいけど、認知症にはなりたくない!が本音です。

頭もシッカリとした状態で、スタスタお散歩にいけるおばあちゃんになりたいと思いますし、

私の周りの方々にもそういう人生を送ってもらいたいです!

 

 

寝たきりになりたくない

 

やっぱりお手洗いは自分で行きたいし

ベッドの上で10年以上過ごすなんて嫌って思いませんか?

 

私、出産で2回入院しましたが

1平方メートルくらいのベッドの中にいるのはつまらなかったです。

自分の足でお店に行って、商品を手に取り、自分で選びたいし、

自分の家族と旅行に行って、自分の手で美味しいご飯を口に運びたいし

 

あなたもそう思ってますよね。

 

寝たきりにならない為には

まずつまづかない足を、きちんと動く作りましょう!

きちんと足が上がる、体の柔らかさとスムーズさ。

それが大切です。

 

そして歩ける筋力。

足の筋肉はもちろん、お尻やお腹の筋肉をきちんとつければ大丈夫!

 

 

ボケたくない

 

そしてこれ我々の一番の願いかもしれないですよね。

プロフィールや自己紹介にも書きましたが

私の同居していた祖母が若くしてどんどん認知症になっていきました。

 

同じことを何回も聞いてくる

ごはんを食べたかどうか忘れる

ずっと同じ場所に座って外を眺めている

 

私が幼稚園だったころは厳しくて尊敬すべき存在だった祖母が

どんどん弱くなり

逆に子供や孫に頼るようになる

 

本当家族として悲しいし

余裕を持って祖母に接してあげられない自分を責めてしまいます。

 

もちろん認知症になることで自分も自分自身を失いなくないですけど、

大切な子供や孫に、そんな悲しい思いをさせたくないなって思います。

 

認知症についてまだわかってない部分もあるので

はっきりと断言することは出来ませんが

認知症予防の為に生活習慣を見直すことは我々に出来ます。

 

・体を動かすこと

・外に出て社交的になること

 

です。私の祖母の話ばかりになりますが

自宅にこもりがち、体も動かすことをしない人でした。

 

運動習慣がない方、是非悲しい思いをしない為にも

週一度60分でいいので運動習慣を無理やりでもつけてくださいね。

 

それがあなた自身の為でもあり

大切なご家族の為かなと思うんです。

 

今日もお読みくださりありがとうございました。

 

 

32.下っ腹をへこませる体操、V.I体操お試し中

 


こんにちは。

渋谷、世田谷、自由が丘を中心に活動している

疲れない体づくり専門の片山ちひろです!

 

東京は台風一過のいいお天気&また猛暑ですが

西日本の皆様、大丈夫ですか?

これ以上の被害が出ないことを祈るばかりです。

 

雨でたまった洗濯物を干したり

宅急便が来る予定があったり(今、私は自宅で14時までに来るはずの宅急便をもう1時間近く待ってますー)

家族のご飯を作らなくてはならなかったり

 

主婦だってとっても忙しいですよね。

それに加えて夏休み。

もしかしたらまだ小学生のお子さんがずっとおうちにいたり

可愛いお孫さんを預かったりと賑やかな夏をお過ごしかもしれないですね。

 

私は完全個室予約制でヨガとトレーニング、ストレッチのサービスを提供していますので

お子様連れでいらしていただいても結構ですよ!

 

私自身、年子の育児をしているので

特に幼稚園くらいまでは

自分の時間がほとんどありませんでした。

 

お風呂にすらゆっくり入れませんでした。

でも気分転換がしてくて

週末に夫に子どもを預けてスポーツクラブに行き

1時間セッションを受けるのが唯一の楽しみでした。

 

エクササイズ、トレーニングは体の面でももちろんですが

気分転換、リフレッシュ、前向きになるという

精神的な面でのメリットもあります!

 

夏休みだから、

忙しいから、

といってトレーニングを諦めないでくださいね。

 

お腹引き締め・体幹トレーニング

 

先日テレビで「損する人得する人」を見ていたら

ダイエット特集をしていました。

 

スイカに黄粉をかけて食べるだけで痩せる話とか

まいたけ茶を飲むと痩せる話とかありましたけど

私が今早速試しているのは「VI体操」です。

 

えっと、私は韓流といえば「冬ソナ」「ヨン様」しか知らないのですが

BIGBANのスンリさんが痩せたダイエットで

「V.I体操」というようです。

 

とってもやり方が簡単だったのと

実際試してみたら体幹、お腹、腹筋をとても使うので

「いいかも!」と思ったので

自分で試してみてます。

 

やり方説明しますね

 

①椅子に座って背筋が曲がらないように伸ばし、胸の前で両手を合わせる(指が前)

②両膝を合わせ、踵も合わせ足がIの字になるようにする

③手を前にVの字になるように突き出すと同時に両足のかかとを上げる

④腕をゆっくりと元に戻すと同時にかかとを下げる

⑤この動作を一日10回2セット行う

 

 

これだけ。

でもやってみるとわかりますが結構つらい。

踵を上げることで下っ腹に力が入り

骨盤周りの筋肉が鍛えられます。

 

さらにその状態で手を前に伸ばすことで

自然と背筋が伸びるので

お腹の中のインナーマッスルにも刺激を与えることができ

お腹を鍛えることが出来そう!!

 

忘れそうになったら、背筋を伸ばして手の形がV,足の形がIですよ。

 

この体操は普通の腹筋運動に比べて腹横筋から腸腰筋という

広範囲のお腹部分が鍛えられるので

短期間でポッコリお腹が解消できるそうな!

 

ブログを読んで下さっているみなさん

家にいながらでも出来る

この体操、私と一緒に3週間続けてみませんか?

お問合わせはこちらをクリック

 

 

 

 

31.肩こりにお悩みのあなたへ

 


こんにちは。

渋谷、世田谷を中心に活動している

「疲れない体づくり」専門の片山ちひろです。

 

娘が実家に泊まりに行っていたので

迎えに行きがてら、久しぶりに実家にあがりました。

遠い距離ではないのですが、日常生活が忙しく

なかなか実家に行けてないので反省です。

今はまだ元気ですが、いつまでも親が元気でいると思っていてはいけないですよね。

後悔しないように、親孝行もしたいと思います。

 

そんな親孝行できていない私の代わりに

娘が滞在中、母の肩たたきをしたようで

母がとても喜んでいました。

 

ブログをお読みくださっているあなたも肩こりのお悩みありますか?

 

肩こりの原因は?

 

肩こりの原因は、簡単に説明すると

肩や首の血流が滞ってしまい筋肉が固まってしまうから、です。

 

さらに血流が滞ってしまう原因として考えられるのは

冷え性だったり

同じ姿勢を取っていたり

運動不足だったり

します。

 

肩こりを解消するには「肩、首の血流をよくすること」が一番です。

肩周り、特に肩甲骨を動かせばいいのです!

 

肩こり解消のストレッチや筋トレなど沢山あるのですが、

今回はストレッチポールなどなくても

ご自宅であなたが今すぐお試し出来る動きを紹介しますね。

 

最近お客様から「気持ちいい~」と好評だった「猫のねじりのポーズ」です。

 

①四つ這いになる

②右手を左手の下に滑らせて右肩を床につける

③右耳も床につける

④安定したら左手を天井に伸ばす

 

右腕の付け根がよく伸びているのを感じられればOK!

ゆっくり息を吐きながら気持ちよく伸ばせればOK!

 

肩甲骨周りを動かすのは

なかなか難しいのですが

このポーズは自分の体重で肩甲骨を動かせるので非常に肩こりに有効なポースです。

 

画像や動画があればわかりやすいですよね。

すみません、今度ポーズの写真撮っておきますね。

 

疲れない体を作るために

不調な所も取り除いて行きましょうね。

 

今度じっくり私も実家へ行って

母に肩こり改善ポーズやストレッチ教えてこようかと思います!

 

それでは今日もお読みくださりありがとうございました。

30.すぐ疲れたという人必見、呼吸と自律神経とストレス

 


こんにちは。

渋谷、世田谷を中心に活動している

心身の疲れをリセットして疲れにくい体づくりを行っている

疲労回復専門トレーナーの片山です。

 

東京の今朝は涼しい!

久しぶりにエアコンをつけずに過ごせました。

 

女性は特にエアコンが苦手な方多いように感じます。

 

我が家も主人がエアコンを16℃設定にして

冷凍庫のようにキンキンに冷やすので

エアコンの温度設定戦争が勃発しています(笑)

 

冷え冷えの屋内や電車内、

外に出ればギラギラの太陽と

私達の自律神経は乱れ、心身ともに疲れてきていますよね。

これをほおっておくと夏バテにつながり

8月の後半あたりから不眠や食欲不振、抜けきらないダルさに悩まされるようになってしまいます。

 

(イメージ画像です 笑)

疲労回復の対策は?

 

まずヨガインストラクターの観点から呼吸についてお話させてくださいね。

この猛暑で多分あなたの呼吸は浅くなっています。

ちょっとだけその呼吸を深く行うことで

体のバランスも整えることが出来るんです。

 

ヨガの呼吸の基本は鼻から吸って鼻から吐く腹式呼吸です。

 

吐く息が吸う息の倍の長さになるように

ゆったりと吐き出すようにしてみてください。

吐くときはちょうどおへそをへこますようにします。

吸う時はおへそをふくらますようにします。

 

この呼吸とお腹に意識を向けて10回続けるだけでも

リラックス効果があり、自律神経のバランスが整います!

 

 

ちなみに、もう一つメリットをお伝えしますね。

息を吐くときにおトイレを我慢するような感じで

お腹をへこます癖がつくと

ポコンと出がちな下っ腹が段々と平らになりますよ。

 

アクティブレストという考え方

 

疲れている時、安静にしているのがいいと思いますか?

もしかしたらそう思われている方、まだいらっしゃるかもしれないですね。

 

実は、今は「アクティブレスト」と言われる、疲労時に適度な運動をして疲労回復する方法がいいと言われています。

特に運動不足でいると、血液やリンパの流れも滞り、筋肉も凝り固まり疲労感を感じられている方が多いです。

 

ただ運動経験の少ない方は「適度な運動」と言われても

どんな運動をどのくらいやったらいいのかわからないという方がほとんどだと思います。

 

間違えたやり方で行うと余計疲れてしまったり、

下手すればケガをしてしまいます。

 

一度専門のトレーナーにご相談下さいね。

 

私の強みはヨガインストラクターの経験から

リラックス効果のあるストレッチを指導できる点です。

お体の疲労回復だけでなく、気もちもリフレッシュすることが出来ますよ!

 

今日もお読みいただきありがとうございました!

 

 

29.50代60代女性の紫外線を浴びた後のケア

 


こんにちは。

渋谷、世田谷を中心に活動している

50代60代女性専門、いつまでも動けるカラダ作りの片山ちひろです。

 

海で遊び慣れていなく

環境に流され紫外線を浴びてしまい

真っ赤に日に焼けてしまった話を昨日書きました。

 

猛暑の夏ですから

もしかしたらいつもより紫外線を浴びてしまって

私と同じような方もいらっしゃるかと思うので

そんな時アフターケアとしてどうすればいいのかお伝えしますね。

 

紫外線を浴びてしまったらどうすればいいの?

 

軽いやけど状態ですのでアイシング(冷やすこと)が大切ですが、

他には、ビタミンCを積極的にとる!

これが大切です。

 

ビタミンCが含まれていて、かつ

日に当たるとシミになりやすいと言われているソラニンが含まれていない食材というと

・イチゴ

・トマト

・バナナ

・レタス

などです。

 

ソラニンが含まれている

・レモン

・オレンジ

・きゅうり

などを摂取してから日に当たるとシミになりやすくなってしまうのでご注意。

 

しかし、ビタミンCは水溶性といって、水に溶ける性質なんです。

だから一気に摂取しても2時間くらいでトイレの際に一緒に流れ出てしまうので

こまめに分けて摂取する方がいいです。

 

食材ではなかなか量を摂りにくいので

市販されているC1000のドリンクやビタミンCのドリンクで摂取するのがお薦めです。

ちなみに、私は今は緊急事態なので

ビタミンCの粉末のサプリメントを2時間おきに摂取しています。

そして長時間の日焼けで体内のビタミンBが不足しますので

ビタミンBも積極的に摂ってます。

 

ちなみに、ビタミンCの粉末はアスコルビン酸という粉末で

ドラッグストアでも購入出来ますので

もし興味のある方はお試ししてみてください。

すっぱい粉ですが、お水に溶かして飲んだり、粉のままスプーンで口に含んで水で流し込む

というような摂取の仕方がお薦めです。

 

飲む日焼け止めとしてこのビタミンCの粉末は利用されていまして

普段から摂取していると、美白を保てるとも言われていますよ!

 

トレーニングも大切だけど食事や栄養も大切

 

今回は日焼け対策に必要な栄養素について書きましたが、

健康な体づくりの為に食べ物はとても大切です。

 

「カラダは口に入れたものから出来ている」と言われるように

どれだけトレーニングや運動を頑張っても

必要な栄養素を摂取しないと

健康な体は作れません。

たいていの方は足りていない栄養素があります。

 

私のお客様にはトレーニングと合わせて

お食事や栄養のアドバイスもしております。

 

体の為に、健康の為に

何を食べたらいいのかわからないという方もお気軽にお問い合わせ下さい。

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました!

28.周囲の方の健康意識から受ける影響

 


こんにちは。

渋谷、世田谷を中心に活動している

60代女性がいつまでも動けるカラダでいられるように指導しています片山ちひろです。

 

日曜日はお休みをいただいて家族で海へ行ってきました。

そこで感じた「どんな環境にいるかが大事」という話をしようかと思います。

 

私は普段東京では

紫外線を防ぐために、日傘をさして外出することが多いです。

目にも紫外線は良くないから、とサングラスもかけています。

周囲の方たちも、日傘や大きなつばの帽子をかぶっていて

「美白」や「紫外線防止」に注意をはらっている人多いです。

 

でも海へ行ったら

みなさん、日焼けをする為に寝そべっているし

日焼けを気にせずマリンスポーツも楽しんでいました。

 

それを見たら普段紫外線に気を使っている私も

「わーい、せっかく海に来たんだから気にせず焼いちゃえ」という気になってしまい

持っていった足首から手首まで全身隠れるラッシュガードは身につけず

思いきり遊んでしましました。

青い空と白い砂浜とビキニ姿の若者の中で、ラッシュガードを身につけるのはおかしいと思ってしまったんですね。

 

そして今は後の祭り、、ひりひりと赤くはれた足と肩が痛くて夜も眠れなく

とっても後悔してます。

 

周囲の環境が大切なのはカラダ作りも一緒です!

 

海の場合、みんなが体をコンガリと焼いている紫外線を浴びるのが当たり前!という環境だったので

私もその環境に飲まれてしまいました。

 

カラダ作りも同じです。

今あなたの周囲の方たちは、カラダ作りや運動についてどんな意識を持っている方多いですか?

 

「老後なんてまだまだ先じゃない。いまさら運動したって何も変わらないわよ」

「体力がなくなっているのに、トレーニングなんてしたら余計疲れちゃう」

と言っている方が多いなら要注意です。

 

そのような環境にいたらまず将来の健康の為には運動が大切

という意識にはならないでしょう。

一緒にランチやお茶をしながら、おしゃべりしているだけでは

体力はどんどん衰えていくだけです。

 

世の中には老後の為に

運動習慣を身につけ努力している方がたくさんいます。

私のお客様も、この猛暑の中、毎週通ってくださる方ばかりです。

共通してみなさん「ここに来た方がスッキリするから」とおっしゃっています。

 

新しいことを始めるのは勇気がいることかもしれません。

腰が重くなるのも、不安になるのもよくわかります。

しかし、新しい環境に身を置くことでご自身のお体も体調も気持ちもメンタルも

変化していきますよ!

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

27.目に見えないビフォーアフター

 


こんにちは。

渋谷、世田谷、自由が丘を中心に活動している

50代60代女性に「いつまでも動ける体」を作っている片山ちひろです!

 

体温越えが当たり前の猛暑が続いてます。

私が子供の頃は「今日は30℃を超えたんだって。どうりで暑かったわけだ!」

という記憶でしたが、今は35℃越えが当たり前になってますね。

 

 

でも、この5℃の上昇は急に起きた訳ではありません。

私の子どもの頃ってもう何十年も前ですもの(笑)

 

温暖化によりすこーーーーーーーーーーしずつ気温が上昇して

30年たったら気が付いたら5℃くらい上がっていたという感じですよね。

 

日々のトレーニングも一緒です!

昨日の今日の変化は分かりにくいかもしれません。

でもコツコツ続けているうちに、変化はしっかりと実感できるはずです。

 

ビフォーアフター?

 

自分は小さい頃から決して運動が得意なタイプではありませんでした。

そんな自分が人生で一番悲しい思いをした時に

運動がきっかけで救われ心身ともに健康になった経験から

「体を動かすこと」は人間にとって必要不可欠なことだと思っています。

 

それからずっとトレーニング、ヨガ続けています。

それでも苦手な種目や、わからないこと沢山あります。

時には「こんなに時間とお金使って続けていて効果出ているのかな?」と思ったことも。

 

でも、この10年間ほとんど熱は出していなし

年齢を重ねても疲れにくい体になっていますし

筋肉もついたと思います。

又、他人から「姿勢がよくなった」(以前は猫背でした)と言われたり

些細なことでイライラしなくなったりというような副産物的なメンタルな変化もあります。

 

10キロ痩せたわけではないので、よくあるビフォーアフターのような

写真でお伝えできるような分かりやすさはないかもしれませんが、

それでもちゃんと効果出ています。

他人と比べるわけではないので、実感が出ていればOKじゃないかと私は思います。

 

駒沢公園は朝や夕方など涼しい時間帯に

皆さん、ランニングやウォーキングをされています。

どなたも人と競争するわけでもなくマイペースに行われてます。

自分の中で、成長が変化が感じられればそれで充分だと思います。

 

 

 

26.あなたは予防と改善どちらを選びますか?

 


こんにちは。

渋谷、世田谷、自由が丘を中心に活動している

50代60代女性専門のパーソナルトレーナー片山ちひろです。

 

区から子供の予防接種の案内が届き

「小さな頃だけでなく、まだこの年になっても予防接種あるんだ!」と驚いた2児の母、片山です!

 

あなたはどちらを選びますか?

「予防」は将来そうならない為に事前に対策をうつっていう意味だと理解しています。

その反対に「改善」はそうなってから治す努力をするという意味だと思います。

 

例えばダイエット。

太ってから10キロ体重を減らそうとして、食事制限や運動を行うのは改善。

7200キロカロリー消費してようやく脂肪1キロ減る計算なので

10キロ減らすのはもの凄く大変そうですよね。

ちなみに30分ウォーキングして約200キロカロリー消費です。

 

反対に、10キロも太らないように日々体を動かして

食事も暴飲暴食をしない生活を送るのが予防。

たまにご馳走を食べても絶対10キロも太らないから

予防は簡単そうなイメージですよね。

 

同じく健康。

疲れやすいからと言って運動もしない日々を送っていると

あっという間に筋肉が衰える。

筋力が少ないと病気やけがをきっかけにあっという間に寝たきりになる。

そこから健康を取り戻す改善を行うのは大変そう。

というか、元に戻ることが出来るのかわかりませんよね。

 

反対に、今から運動習慣を身につけ、

少し食事や意識を気を付けて筋肉を維持しておく。

そしてケガや病気のリスクも減る。

その結果、いつまでも自分の足で歩く。

これ予防。

 

 

予防の方が、簡単だと思いませんか?

 

改善と予防、選ぶのはあなたです!

 

25.お客様の声・トレーニングで開脚が出来た

 


こんにちは。

渋谷、世田谷を中心に活動している

50代60代女性に特化した「いつまでも自分で歩けるカラダ作り専門」の片山ちひろです。

 

美尻、美脚、美背中、ボディメイク、腹筋女子

などという言葉が当たり前に使われる世の中になり

私もカラダ作りの立場的には嬉しい限りです。

 

何歳になっても美しいお尻に背中に腹筋を保つことは

とても素敵なことで、

昨日モチベーションを上げる方法というブログを書きましたが

トレーニングのモチベーションとなるのなら

あえてあなたも「腹筋を割る」などという目標を立ててもいいのかもしれませんね。

 

でも、その先にある本当の目的、なりたい姿や生活は何でしょう?

「寝たきりにならない体」「娘や孫と海外旅行に行ける体力」を身につけることですよね。

 

私はそこに特化して指導をさせていただいております。

 

と、私の指導方針をまずはきちんとお伝えして、

そして腹筋を割ることが本来の目的はないですよね、という話を踏まえての今日のブログですが(笑)

「こんなことも出来るようになっちゃいました」というお声をいただいたのでご紹介させていただきますね。

 

 

トレーニングを続けていたらこれも出来るようになりました!

 

今日ご紹介するのは60代のYさま。

細いのがお悩みで「特に下半身に筋肉をつけたい」とトレーニングを始められました。

筋トレと合わせて、股関節が少し固かったので、少しずつセルフストレッチもご指導もさせていただきました。

 

そうしたところ

「本屋さんで売っている開脚ペタンの本みたいに、私も出来るようになりました!」

とちょうどゴールデンウイーク前くらいに写真を送って下さいました。

 

 

(ご本人に掲載の許可いただいております)

 

今まで開脚なんて自分には関係ないって思っていたけど

トレーニングを始めたら

もしかしたら自分でも出来るようになるかもしれない

と思えるようになりました。

そしてついにここまで出来るようになりました!

 

とのこと。

Y様も開脚出来るようになることが目的ではありませんが、

ここまで体が柔らかくなるなんて凄いです!

パーソナルトレーニングの思わぬ副産物ですね。

 

現在も「これからも娘家族と一緒に旅行へ行きたいから」

とおっしゃって筋力、体力をつけるべくトレーニング続けられていらっしゃいます。

 

トレーニングをすることによって

目に留まる本やニュース、情報も

体のことや健康のことが増えていくんですよね。

健康意識が高まるという状態です。

 

 

トレーニング以外の時間も

自然と健康や体のことに意識を向けるようになりますよ!

それもパーソナルトレーニングを始めるメリットの一つですね。

 

 

 

 

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

セッション中は
電話に出ることが出来ませんので

お問い合わせは
下記フォームからお願いします。

24時間以内に必ずお返事いたします。

万が一24時間たっても返信がない場合は

システムのエラーが考えられますのでお手数ですが再度お問い合わせください。
お問合わせはこちらをクリック

どんなことでもお気軽にご相談下さい。

 

 

 

プロフィール
公式Facebookページ
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー