ピラティス 月島 ダイエット

中央区唯一40代からの女性専門パーソナルトレーニング

月島・佃でお腹周りが気になり始めた50歳前後の女性へ

172.健康投資で所得税控除のニュースにみる健康に関する時間を作る方法

 


こんにちは。ジェクサー、大井町、自由が丘を中心に活動している

50代60代女性のお腹痩せ専門パーソナルトレーナーの片山ちひろです。

 

日経新聞でこんな記事を見つけました。

「スポーツクラブに継続的に通うための費用について所得税から一部控除するなどの

健康投資を促す税制の新説や予算措置を求めた」

 

現在社会保障としてうたわれている年金・医療・介護・子育てに並ぶ

5番目の分野と位置づけるべきだとのことらしいです。

 

健康に対する投資

 

たいていの方は病気になったり、ケガをしてから病院に治療にいくかと思います。

そして冬はインフルエンザになりたくないから、予防接種をうつ方も多いですよね。

 

インフルエンザB型がまた東京、神奈川では流行りだしているようですが

インフルエンザにかかったら、外出も出来ず体も辛いのでそれを避ける為に

私達は予防接種を打ったり人ごみではマスクをしたり栄養をしっかりとって免疫を高めたりと予防につとめます。

 

健康ももちろん同じです。

50代60代女性なら体調を崩した経験のある方も多いのでお分かりになるでしょう。

体調を崩すと気力もなくなり自信もなくなります。

そして残念ながら若い頃と違って回復にも時間がかかるという。。

 

なるべく崩さないように、日々予防するべきですよね。

予防に必要なのは適度な運動と栄養摂取とストレス解消ですね。

 

忙しい女性が健康の為に時間を作る方法は?

 

といっても50代60代女性はお仕事にお子さんのことに、親御さんの介護と忙しく

自分のことは後回しになってしまいがちです。

 

偉そうに私もこんな記事を書いていますが、

前年度は年に一度の人間ドッグを仕事の忙しさを理由に飛ばしてしまいました。

 

なので自分への戒めを込めて

忙しい女性が自分の健康の為に時間を作る方法を書きたいと思います。

 

①先に予定を入れてしまう

 

私の人間ドッグでしたら7月か8月の火曜日か金曜日に先に予定を入れてしまおうと思います。

そしてこの予定は絶対動かさず、他の時間にその他の予定を入れます。

 

週1回60分のパーソナルトレーニングの予定を「火曜日の12時から」ともうスケジュールに組み込んでしまい

他の予定は他の時間に入れるようにします。

 

②そこでプロの意見を聞いて、日常生活で気をつけることを取り入れる

 

私の人間ドッグでしたら看護師さんや先生に「視力を維持する方法」を聞きます。

本を読む時の姿勢などアドバイスもらったら、日々気をつけます。

 

パーソナルトレーナーにデスクワークの時の座り方や食事の選び方、

歩き方などアドバイスもらったら、トレーニングの時間でなく

仕事や駅から自宅まで歩く時間にそれを取り入れて気を付けます。

 

このように、忙しい限られた時間の中で

健康に対して意識していくことが、まず第一歩になりますよ!

 

誰でも頭の中で「やらなくてはなぁ」と考えていても

実際に行動に起こすとなると腰が重くなりがちです。

 

体調を崩してから

寝込んでから

気力がなくなってから

後悔するよりも、体の動くうちに重い腰が上がるといいですね。

 

 

162.帝王切開、出産後、手術後のダメージからもピラティス、パーソナルトレーニングを通して回復できます

 


こんにちは。

渋谷、駒沢公園を中心に活動している50代女性のお腹痩せ専門パーソナルトレーナーの片山ちひろです。

今日は雛祭りでしたね。

私事になりますが、3月3日は娘の誕生日でもあります。

 

私は2回とも帝王切開での出産だったので

お腹を横に2回切っています。

 

麻酔が切れた後

翌日から、ベッドから立ち上がり歩行をするのですが

これが痛くて痛くて

まるで亀の歩みのようにゆっくりと動き

点滴を下げているスタンドに寄りかかりながら

お手洗いまでが遥かなる道のりのように感じたことを

今も覚えています。

 

日薬という言葉があるように

1か月2か月と立つうちに

段々と痛みも減少していきました。

 

ただ、やはり皮膚だけでなく筋繊維も切っている為

腹筋やインナーマッスルは弱くなってしまった気がします。

これは切ったということで修復に時間がかかることももちろんですが

お腹に力を入れると痛かったので

なるべくお腹に力を入れないように生活する癖がついてしまったということもあります。

 

同じように出産以外でも外科的手術をされたことのある方もいらっしゃいますよね。

 

私は手術前のインナーマッスルの状態に戻すまで

かなり時間がかかりました。

痛みがなくなってからでもちろん大丈夫です。

ピラティスを行うことで

弱くなってしまったインナーマッスルを元の状態に戻していきましょう。

パーソナルトレーニングという週に1回1時間の訓練で

日常生活で自然とインナーマッスルが使える動きが出来るようになれば

起きている時間はほとんどトレーニングの時間になるとも言えます。

 

弱いままで今後も生活をしていくと

お腹ぽっこりというような見た目にも現れるだけでなく

体の歪みや例えば腰など他の部分に負担がかかるので

痛みなども生じてきてしまいます。

 

帝王切開や外科的手術はもちろん

赤ちゃんをずっと抱っこしていて

背中が丸くなりがちだった時期を過ごされた方も

インナーマッスルが弱くなっている可能性があります。

 

出産から何年たっていても

手術から何年たっていても同じです。

 

心当たりのある方、お気軽に一度お問い合わせくださいね。

お問合わせはこちらをクリック

136.50代女性のお腹周りと体力の衰えと罪悪感とストレスの関係性

 


こんにちは。

自由が丘、世田谷を中心に活動している50代60代女性専門パーソナルトレーナーの片山です。

クリスマス目前ということで渋谷も電車内も人だらけです。

私は無宗教で、お正月には神社にお参りに行き、

クリスマスにはクリスマスツリーを飾り

パワースポットだからと伊勢神宮へ行って赤福を食べ

そして将来は檀家となっているお寺に入るであろう、という

典型的な日本人です(笑)

 

 

そんな私がクリスマスで教会のイルミネーションを見にいったところ

いい話を聞けました。

「自分の持っている力を他の人の為に使おう」

っていうお話でした。

持っている力や能力は一人一人みんな違いますね。

私は体に関する知識を少し持っているので、その知識を

ブログやパーソナルトレーニングという形でお悩みの方や困っている方に伝わればいいなと思って続けています。

 

今日は「50代女性のダイエットやお腹周りと体力の衰えとストレスの密な関係性について

お話したいと思います。

私の持っている力で元気な50代60代女性を増やしたい、そんな気持ちをこめて書いた記事です。

 

50代女性の体型や体調のお悩み

 

50代女性が口にするお腹周りの悩み第一位は「下腹が出てきた」です。

骨盤底筋をはじめとするインナーマッスル系や姿勢をキープする筋肉が衰えていることが原因ですね。

 

そして第二位は「脇腹がたるんでいる」です。

ズボンやスカートの上にポヨンと乗るあのお肉です。

これは動かさない部位にどうしても脂肪はつくので

日々の生活で動かす動作がどうしてもないわき腹にはつきやすくなってしまいます。

 

その証拠に今あなたの手の甲を見てください。

それほど脂肪はついていませんよね?

手は毎日必ずよく動かす部位だからです。

 

お腹周りの脂肪が気になって何かしなくてはならない

これはみなさんとても意識が高いので、よく思われていることだと思います。

 

しかし、実際の50代60代女性は

仕事や家事、家族のこと、親のことなどで日々忙しい。

そして空いている時間でやろうと思っても

体力も衰えてきていて、体が動かない。

それどころかやらなくてはならない家事仕事でぐったり

という方が多いです。

 

そして「やろうと思っていたのにできなかった」

「今日もダラダラしてしまった」

とそんなご自分を責めストレスがたまる

そしてストレスでお腹いっぱいなのに食べてしまう

 

と負のループに陥ってしまうことも。

 

「お腹周り気になる。やらなきゃ」→「疲れて出来ない」→「そんなダラダラしている自分が嫌でストレス」→「また体を動かさなかったからお腹周りや体が重いのが気になる」

と永遠ですね。

 

この連鎖を断ち切るためにはやはり

「体を動かしてみる」

ことだと思います。

 

「体を動かしてみる」→「やった!今日もダラダラしなかったと自信がつく」→「お腹周りも変わってくる」「体力もついてくる」→「もっとトレーニングがんばろう」

と、トレーニングを行ったことをきっかけに、「ダラダラしていない、生き生きしている自分」に自信が持て

いいループになります!

 

もし、「またダラダラしてしまった」ことに罪悪感やストレスを感じられるのでしたら

まずは週に一度でもいいので体を動かす習慣をつけてみましょう!

 

2019年2月1日より料金の値上げを予定しています。

1月31日までにお申し込みされた方、既存のお客様は旧料金体系でご指導いたします。

お問合わせはこちらをクリック

 

 

 

 

135.更年期に感じる体の不調を改善するのに必要なトレーニングをご紹介

 


こんにちは。

自由が丘、世田谷の50代女性専門パーソナルトレーナーの片山です。

 

平成を振り返る的な年末の番組をボチボチ目にするようになりました。

私達が若い頃流行ったあの歌やジャニーズのあのグループなどなど

つい最近のことだと思ったらすでに30年近く前のことで

改めて「時間が過ぎるのはあっという間だな」と感じました。

 

気持ちはいつまでもあの頃のままで、若いつもりでいても気が付くと

「疲れやすい」「いつまでたっても疲れがとれない」そんなカラダの状態になっていませんか?

 

更年期の特徴

 

一番自分が年をとったと感じるのはどんな時だと思いますか?

白髪を発見した時?

いえいえ、ずばり「疲れやすくなった」時なんです。

若い頃は一晩寝たら翌朝には疲れが取れていましたが

40代後半になると疲れがなかなか取れないです。

 

仕事や家事、家族のことで精いっぱいでもう疲れてしまう

せっかく50代になって自分のこと、自分の好きなことや趣味をやろうと思っていたのに

現実は日々の仕事や家事に追われ、ぐったりしてしまいやる気がでない

 

更年期の症状も重なり気分もふさぎがちで体重も増加傾向・・

 

もしあなたがそのような状態でしたら、私の提供するトレーニングがお役に立てるかもしれません。

 

トレーニングがお役に立てる理由

 

疲れをとりたい

体重増加を何とかしたい

気分の浮き沈みを何とかしたい

腰回りついたお肉を取りたい

重い体を何とか軽くしたい

手足の冷えを何とかしたい

夜なかなか眠れないから眠りの質をよくしたい

 

疲れやすくなっているのを筆頭に

様々な体の不調を感じられていると思います。

 

病院へいくほどではない、これらの症状に

・サプリメントに頼る

・マッサージやエステに行く

ことを考えられる人も多いです。

 

でも疲れやすくなっている、手足が冷えているなど全ての症状は

体力の低下、基礎体力の低下、骨盤や肩などの姿勢が悪くなっている

つまり「筋肉の低下」が原因で起こっているといっても過言ではありません。

 

ウォーキングを始められる方もいらっしゃいますが

運動不足解消と骨粗しょう症予防にはよいのですが、

筋肉の低下を止めることは出来ません。

また姿勢が悪いことが原因で

お腹ぽっこりになったり、お尻が垂れてきているので

ウォーキングや水泳などの有酸素運動だけでは

根本的な解決は出来ないのです。

 

 

私のパーソナルトレーニングでは厳しい食事制限は推奨しませんし、

週に1回ピラティスのメソッドで正しい骨盤やコアの使い方をお伝えし

その正しい姿勢を保つ為に必要なトレーニングを行います。

また全体の筋力UPの為にも筋トレを行います。

 

仕事や家事や育児、介護以外のご自分の時間も

楽しめる為にも是非疲れにくい体を作っていきたいですね。

 

トレーニングを日常に組み入れることで

それを可能にします!

 

2019年、新しい年号に変わる記念すべき年に

パーソナルトレーニングを始めて疲れにくい体、作っていきましょう。

 

 

お問い合わせは年末年始もお受けいたします。

お問合わせはこちらをクリック

129.健康のつくり方・風邪予防生活習慣予防にも役立つ方法

 


こんにちは。

自由が丘、世田谷を中心に活動している50代女性専門パーソナルトレーナーの片山ちひろです。

 

東京も一気に寒くなりました。

風邪をひかれている方も多いのではないでしょうか?

先週はお客様から立て続けに

「先生は、風邪ひかなそうね」

と言われました。

骨がしっかりしていて

肩幅と腰幅が広いので頑丈そうに見えるのもあると思うのですが(笑)

もちろん体調を崩さないように気をつけています。

 

健康な体に必要なものは「運動」「食べ物」「睡眠」です。

是非この3つについて意識を高めて生活していただきたいのですが

まず今日はここでは「運動」の観点から運動の必要性について書いてみます。

 

なぜ運動をしなくてはいけないのか?

 

車や公共機関、電化製品の発達により便利な世の中になっています。

そのせいで多くの人が運動不足を感じていますが

寒い、暑い、忙しいというような様々な理由から運動を習慣化するのが難しいのが現状です。

しかし、以下の理由から運動は絶対しなくてはいけないものなんです。

 

生活習慣病の予防

 

食べ物から摂取したエネルギーと運動や生活によって消費したエネルギーのバランスが

保たれているのが健康の為にもよい状態です。

しかし美味しいものが沢山溢れている世の中、運動を行わないと使われなかったエネルギーが多くなり

脂肪としてからだに蓄えられていきます。

これが繰り返されると、肥満となり肥満が原因で

「糖尿病」「高血圧」「脂質異常症」といった生活習慣病となるリスクが高くなります。

毎日薬を飲む生活が始まってしまいます。

 

筋力の維持

 

20歳を過ぎたら何もしないと筋肉はどんどん減っていきます。

疲れやすい、たるんできた、何をしても痩せないなど筋肉が衰えている合図です。

特に体調を崩して1週間寝込んだり、自宅で安静にする生活を続けた後は

歩くといった動作すらスムーズに出来なくなる可能性だってあります。

 

このような理由から運動は必要不可欠で運動やトレーニングの効果として

 

・生活習慣病、メタボリックシンドロームの予防

・心肺機能の向上、体力、筋力の向上により疲れにくくなる

・体型の維持、改善

・免疫力を高めて風邪の予防

・ストレス解消や気分転換

・更年期にありがちな不定愁訴の低減

・認知症の低減

 

がうたわれています。

 

 

残念ながら骨は増やすことは出来ませんが

筋肉は何歳からでもトレーニングを行えば増やすことができる組織です。

寒いから風邪をひかないように家でじっとしてようというのは間違いですよ。

引き締まった体づくり、健康な体づくりの為にも

多くの人にトレーニングの習慣を身につけて欲しいと願うばかりです。

 

パーソナルトレーニングのお申込みはこちらから

お問合わせはこちらをクリック

 

 

116.西島秀俊の映画を見に行きたいトレーナーが思う体力・気力の衰えとは

 


こんにちは。

世田谷、自由が丘を中心に活動している女性専門パーソナルトレーナーの片山です。

 

突然ですが、私が一番好きな俳優さんは「西島秀俊」さんです♡

今月から公開された「人魚の眠る家」は絶対観に行くつもりです。

なかなか時間が取れずにまだ行けていませんが、

深夜でも早朝でも何とか時間を作って一人で行きたいと思ってます。

 

画像貼ってもいいんでしょうか?著作権などでもし不適切だったらすぐ削除しますね。

 

みなさんは好きな俳優さんや芸人さん、又は眠る時間を削ってでもやりたい趣味や行きたい場所や仕事などありますか?

 

 

そのように一生懸命になれるものがある方が、気力があると私は考えます。

そして実際に行って楽しむことが出来るのは、体力があると考えています。

 

韓流スターが大好きで空港まで出迎えに行ったり

韓国にも行ったり

フィギュアスケートの羽生結弦選手のファンで

似顔絵を書いたり、ショーを見に行ったりする

元気な70代80代女性の特集をテレビでもやっていました。

 

気力はもちろん体力もあり

6時間の出待ちもされていました!

 

最近気がついたらそんな情熱を向ける対象がない

趣味も以前と比べて楽しいと思わなくなってきた

となってきたらもしかしたら体力・気力が衰えてきている合図かもしれませんね。

 

あなたはいかがですか?

 

一度体力・気力が衰えても

そこで踏ん張り体力をまたアップさせれば気力もまた持ち直すことが出来ると

自分の過去の経験からも感じています。

 

体力があるだけで幸福度もアップすると言われています。

 

せっかくまだ踏ん張れる私達ですので

そのまま何もせず心身ともにおばさん化して

老け込んでいくのは避けたいですよね。

 

体力をつけたい、疲れにくい体になりたい

そんな方からのお問い合わせお待ちしています。

 

 

お問合わせはこちらをクリック

107.咳は体力消耗しカロリー消費も咳1回あたり2キロカロリー!

 


こんにちは。

自由が丘、世田谷を中心に活動している50代60代女性のお腹痩せ専門トレーナーの片山です。

 

街中にマスク姿の方が増えてきたような気がします。

空気が乾燥しているので

寝起きに喉が痛かったり、

または季節の変わり目ということで咳が長引いているお客様もいらっしゃいます。

 

咳が長引くととても体力が消耗してしまうのをご存知でしょうか?

咳1回あたり2キロカロリー消費し、なんと10回すれば20キロカロリー。

だいたい10分歩くのと同じくらいの消費カロリーです。

 

もし咳が止まらないという方は

お医者様へ行って薬を出していただいた方がいいかもしれません。

長引くと3キロくらい体重落ちてしまうこともあります。

体重は「痩せたー」の目安ではないと思っていますので

この場合の3キロはやつれた、体力がなくなった、筋肉が落ちた

となっている可能性大ですよ。

 

 

風邪の予防

 

咳と同様、やはり風邪も避けたいもの。

風邪をひかれると、本調子になるまで1か月弱程度かかる方も多いです。

予防方法をパーソナルトレーナーとしての観点からお話したいと思います。

 

① 食べ物

免疫力を高める食事として最近は腸内環境を整えるものがいいと言われています。

きのこやヨーグルトなど積極的にとっていきましょう。

 

そしてその他ビタミンC、ビタミンDも免疫力を調整する食材としてお薦めです。

ビタミンCは粉末やサプリメントを利用するくらいがいいようです。

 

② 身体を温める

体の免疫作用を高めるには体温が高い方がいいです。

ちなみに代謝がいい人は基礎体温も高いです。

飲み物は暖かいものを飲んだり、しょうがや一味などスパイスを利用してみてくださいね。

そして、お風呂に長くつかったり

寒かったら首にさっとマフラーやストールを巻くなどして

身体を冷やさないようにするのがコツです!

 

③ ストレスをためない

ストレスが人の免疫力に影響することが研究結果で分かってきています!

ストレス社会ですが、出来るだけ楽観的にポジティブ思考で生活できるといいですね!

 

④ 運動

ストレス解消方法としても運動がお薦めです。

トレーニングをすると、ちょっとつらかったり一生懸命やるので

その間悩みや不安は忘れます。

また実際にカラダを動かしている人ほど風邪をひく回数が少ないという論文もありますので

風邪の予防の為に家の中でゆっくりするよりも

運動した方が風邪の予防になります。

 

⑤ マスク、消毒

電車の中、コンコンこほこほと咳をされている方が多いので

マスクで予防をすることも大切です!

また、手洗い、うがいも徹底ですね。

 

ちなみに私はお客様のいらっしゃる前、きちんと

ツールなど除菌していますので

安心してご利用くださいね。

 

それでは上記のことを気を付けて

インフルエンザや風邪などにかからないようにこの冬を過ごしましょう!

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

お問合わせはこちらをクリック

106.抜け毛に思う年齢との付き合い方、踏ん張り方、抵抗の仕方

 


こんにちは。

世田谷、自由が丘を中心に活動している50代60代のお腹痩せ専門トレーナーの片山です。

 

今日はいいお天気でしたね。

私の活動しているスタジオは日当たりがいいので熱いくらいで

冷房を入れました。

それでもトレーニングをしていると暑かったです。

 

先日私が学生の時には~なんて話を知り合いとしていまして

つい最近のような気がしていたらなんと20年以上前だったということに衝撃を受けました。

気持ちは10代の頃となんら変わっているつもりはありません!

顔もそんなに変わってないよな、と思っています。

今自分自身でトレーニングをして筋肉をつけたい場所があるので、体型は少しごつくなっているかもしれません。

でも、それほど変わってないよな、と自分では思っています。

 

しかし、20数年の時間は

自覚がないだけで、もしくは現実を見ないようにしているだけで

実際は身体に変化を確実に起こしています。

 

例えば、髪の毛。

最近の私は、ものすごく抜けます。

お風呂の排水溝は私の抜けた髪の毛ですぐ詰まります。。

 

 

 

スタジオでお客様の指導を終えた後は

私の髪の毛がいつも落ちているので

次のお客様が来る前はクイックルワイパーやコロコロで必ずお掃除をしている位です。

 

 

あなたが年齢を感じている場所はどこですか?

 

疲れやすくなったことですか?

つまづきやすくなったことですか?

痩せにくくなったことですか?

お腹周りのお肉ですか?

 

「もう年だからしょうがない」

「無駄な抵抗はやめよう」

とそのまま特に何もせず自然に身を任せるか

 

「少しの努力で体も気分も変われるなら頑張るか」

と少し踏ん張るか

 

もしかしたら選択に迷うことがあるかもしれません。

 

個人的に、某有名K姉妹のように

色々手を加えすぎて年齢不詳となるのはやりすぎと思いますが

 

「いい年の取り方しているね」

「やはり充実している人は生き生きとしているね」

「若くみえるね」

と言われたいですよね。

 

私はパーソナルトレーニングで皆様のそんなほんの少しの努力のお手伝いをしています。

もし、20年前と比べて変わっている場所があるのなら

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

そして、抜け毛に対するよい対策方法があれば教えていただけたら嬉しいです(笑)

 

 

101.叩けばいいの?揉めばいいの?原因は運動不足かも?

 


こんにちは。

自由が丘、世田谷を中心に活動している

50代60代女性専門トレーナーの片山ちひろです。

今日は朝9時からお一人目のセッションスタートでした!

雨は降っていましたが朝早いと気持ちがいいですね!

 

 

実際、私の所へいらっしゃるお客様で

「肩こりをどうにかしたいです」と一番に上げられている方はいません。

肩こり解消にトレーニングをしようという発想をお持ちの方が少ないのだと思います。

肩こりだったら、叩けばいいとか揉めばいい

マッサージに行けばいいと思われている人が世の中の大半だと思います。

でもお話をさせていただくと割と肩こりの方が多いなという印象です。

 

 

そしてこれ何かわかりますか?

親戚の家に行ったらリビングに置いてありました!

ちなみに私は木魚かと思いました。(笑)

 

この写真だと大きさが伝わりにくいのですが

黒い部分はアボカドか小さめのグレープフルーツくらいの大きさで

肩たたきグッズだと親戚が言っていました。

 

昔もよく孫の手の反対側にゴルフボールがついた

肩たたきグッズが売っていましたね。

うちの祖母は靴下に野球ボールを入れて肩たたきに使っていました。

 

肩がこる原因は 「動かさなくなってそこの血行が悪くなっているから」なんですね。

だから揉んだり叩いたりすれば、滞っていた血流がよくなるので

一時肩こりはよくなりますが

動かさないんだったらすぐまた元に戻ってしまいます。

 

 

そして特に冬は寒くなりなんとなく背中も前に丸くなりがち。

「寒い~」とポケットに手を入れて歩く姿=猫背と想像つきますよね?

またパソコンに長時間向かっていると

背中も肩も動かしませんよね。

肩こりを実感することが多くなるかもしれません。

肩、特に肩甲骨の動きが大切になります。

肩こりがある方は肩や、肩甲骨をよく動かすトレーニングをすることで

解消することが出来ますよ!

 

 

「片山さん、いきなりトレーニングと言われても何をしていいのかわかりません」

と言われそうです(笑)

 

 

まず、叩いたり揉んだり

街のマッサージに駆け込むのでなく

腕をまっすぐに上げてみたり

ゆっくり肩を上げながら肩甲骨を中心に前から一周、後ろから1周と

まわしてみたりするだけでもだいぶ解消しますよ。

 

肩、背中のトレーニングを日常的にされている方は

肩こりとは無縁です。

 

私は肩こり解消専門トレーナーではないのですが

あまりも大きな肩たたきグッズを見たので

 

50代60代女性にありがちな体の不調も

実は年齢のせいではなく運動不足が原因かもしれないですよ、というお話をしてみました。

マッサージやエステで、お店の人からしてもらって対処療法をするのでなく

ご自分の身体の動かし方を知り

ご自分でセルフコンディショニング出来るようになると

一生ものの知識になりますね!

 

私も学び続けていることを

お客様に分かりやすいように変換しながらお伝えしていきます。

体調の心配事お気軽にお問い合わせ下さい。

お問合わせはこちらをクリック

 

 

 

97.意外!冬は基礎代謝が上がり運動効果が出やすい事実

 


こんにちは。

自由が丘、世田谷を中心に活動している

疲れにくい体づくり専門、体引き締め専門のトレーナーの片山ちひろです。

 

一気に寒くなりましたね。

私は服装を間違えてしまい

薄手のニットのみで出てきてしまったので駅までの道のり

いったん自宅に戻ろうかと思うほど寒かったです。

急いでいたので戻りませんでしたが、

帰りはどうしようかな、ユニクロで何かフリースかニットか買うべきか悩んでいます(^^)/

 

一歩ずつ冬に近づいている今日この頃ですが

何となくクリスマスや忘年会、お正月と

ご馳走の機会も増えるし、

寒くて汗もかかないことが多いので、冬=太る季節のイメージが強いかと思います。

でも、実は冬は夏よりも基礎代謝が上がり痩せやすい季節なんですよ。

 

 

基礎代謝

 

基礎代謝とは生命活動を維持する為に最低限必要なエネルギー代謝のことを言います。

自宅用の体重計でもTANITAなど基礎代謝も出たりしますよね。

人間の体には体温をはじめとする体内環境を一定に保とうとする恒常性があるので

冬は外の気温と体温の差があるので必然と体温をあげようとする為

冬の方が基礎代謝が高いんです。

 

なので基礎代謝が高い冬こそ、実は運動効果が出やすい季節なんですよ。

 

とはいっても、寒いので

①摂取する水分量が減る

②運動量が減る

③汗をかかない

④外に出るのが億劫になる

⑤外がすぐ暗くなる

 

などが考えられるかと思います。

いくら基礎代謝が高い季節でも

運動をしないで食べてばかりいたら、、、それは筋肉も増えないで脂肪が増えてしまいます。

せっかく運動効果の出やすい季節ですので

動かないというもったいないことは避けたいですよねー

 

そしてさらに、、、

 

姿勢やカラダのこり

 

 

寒いときみなさんはどんな姿勢になりますか?

ポケットに手を入れたり

寒い~と肩が前に出て背中を丸めたり

小さくなることが多いですよね。

 

コタツがあるようでしたら

肩までコタツに潜ってその姿勢でテレビを見たりする方も多いですね。

背中を丸める、肩が内側に入るということは

 

お腹ぽっこりや肩こりや背中のこりの原因にもなります。

逆に背中を柔軟にすることは二の腕スッキリにも繋がりますし

そして背筋を伸ばすことはお腹スッキリにも繋がります。

 

どうしても背中も丸く体も小さく縮こまりがちで

運動量や外出が減る冬ですが

冬をどう過ごすのかによって

体調やお体の様子が変わってきますので

冬の間も定期的にトレーニング続けていただければと思います。

 

また、私ももちろんそうですが人間は自分に甘いもの(笑)

スポーツクラブのスタジオレッスンだったり

公共のトレーニングジムだったり

いつでも行ける、自由にいける、

と予約のいらないものは、ついつい腰が重くなり

外も暗いから、寒いから

ど理由をつけ足が遠のきがちになりますね。

パーソナルトレーニングの予約を入れると

行かなくちゃならない、と強制力が働くので、

定期的にトレーニングをしなくてはいけない環境を手に入れることができますよ!

 

冬も変わらず、自由が丘、世田谷のスタジオでお待ちしております!

ご不明点などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

お問合わせはこちらをクリック

 

 

 

 

 

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

セッション中は
電話に出ることが出来ませんので

お問い合わせは
下記フォームからお願いします。

24時間以内に必ずお返事いたします。

万が一24時間たっても返信がない場合は

システムのエラーが考えられますのでお手数ですが再度お問い合わせください。
お問合わせはこちらをクリック

どんなことでもお気軽にご相談下さい。

 

 

 

プロフィール
公式Facebookページ
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー