筋トレ 月島 ダイエット

中央区唯一40代からの女性専門パーソナルトレーニング

引き締めたい・姿勢改善したい・ダイエットしたい40歳からの女性へ

197.ダイエット、コロナ太り解消の為にやるべきこと3つ

 


東京の中央区江東区で40代からの女性専門パーソナルトレーナーをしている

片山ちひろです。

・気がついたら昔と比べて太ってしまった

・何をしても痩せなくなってしまった

・育児や仕事で忙しく自分の時間がなかなかない

というお悩みをお持ちの方へトレーニングと食事の指導をしています。

 

 

 

ダイエットしたいと思ったらまずやるべきこと

よく聞かれる質問ですので、繰り返しになりますがまとめてみたいと思います。

 

 

食事管理

 

食事制限ではなく食事管理です。

極端な糖質制限や脂質制限ではなくタンパク質、糖質(炭水化物)、脂質という

3大栄養素をしっかりと摂ります。

避けていただきたいのは「砂糖」と覚えていただければわかりやすいかと思います。

砂糖は甘い飲み物やお菓子、スイーツ、菓子パンなどに含まれています。

これらは避けて普段の食事をしっかりととります。

もし甘いものを食べたくなったら果物やサツマイモなどを食べるのがお勧めです。

そしてお水をしっかりととって代謝をよくしていきましょう。

 

これがまずどなたにも当てはまる基本の食事管理となります。

 

筋トレ

 

人間は20歳を過ぎると筋肉は刺激を与えない限り減っていきます。

そしてダイエットを意識する上でバランスよく食べたとしても

今までよりも食事が減る可能性も高く、また運動量も増えると

脂肪だけでなく筋肉もよりハイペースで落ちていってしまいます。

 

そこで①筋トレをして筋肉をつける又は刺激を加えて筋肉を維持させる(筋トレの強度頻度によりどちらかになるか変わってきます)筋肉がつくと基礎代謝があがるので食べても太らない体となります。また筋肉を維持するとリバウンドしない体となります。

また基礎代謝が上がると対有酸素効果もあがりより脂肪燃焼しやすい体となります

(大きな筋肉を鍛えるメニューがお勧め)

 

②筋肉をつけることによって重力でたるんでいく体を引き締めてメリハリのある

かっこいい体、女性らしい体になる、食事制限やランニングだけで痩せるとダランと弛んだ体になりがちです。ボディメイクといわれます。

(背中やお尻や二の腕などどんな体になりたいかによってメニューがかわってきます)

 

また③筋トレを行うことによりその部分に血流が集まり痩せにくい箇所の部分やせも可能となる、また成長ホルモンが出るので筋トレ後も脂肪燃焼します。

これが筋トレの後有酸素をやるといいと言われる理由でもあります。

(普段あまり動かさない内転筋など)

 

④単純に筋トレ時のエネルギー消費効果もあります。

特にスクワットやチェストプレスなどに代表されるような全身を使う

多関節運動の動きはカロリー消費も多い上心拍数もあがるのでダイエット効果に高いトレーニングメニューとなります。

(スクワットやデッドリフトなど①と同じメニュー)

 

 

 

有酸素運動

 

ダイエットというと皆さんが一番最初に思い浮かべるのはこちらの有酸素運動だと思います。汗がでるので運動したという達成感が得やすく体全体の新陳代謝もよくなるというメリットもあります。

実は30分歩いてもお茶碗1杯分のカロリーしか消費できなく

実際は時間対効果は低くなります。

しかし、筋トレの後に取り入れたり、朝ごはん前に取り入れてみたりと

タイミングや組み合わせによりダイエット効果が高まりますので

長時間ではなく生活の一部として取り入れていただくことをお薦めしています。

 

 

お一人お一人の生活パターンによってお勧めのお食事やトレーニングメニューも作成していますのでこんな時期ですのでメールでお気軽にお問い合わせください。

コロナで自粛生活されている中で最前のメニューを考えさせていただきます。

 

 

194.スポーツクラブ、ジムでのコロナウイルスへの感染予防について

 


仕事やご家族のことや育児に忙しく
気がついたら太ってしまった
何をやっても痩せなくなってきた
とお悩みの40代50代60代の方へ
ダイエットや引き締まった体づくりのお手伝いをしている
パーソナルトレーナーの片山ちひろです。

さて、千葉県や愛知県ではスポーツクラブに通われている方が
コロナウイルスに感染したということです。
私の活動しているNASでも感染された方はでてませんが
今後の感染予防、拡大防止という観点から
パーソナルトレーニング、エステやスタジオレッスンが3/11までお休みとなります
どうぞご理解いただけたらと思います。

スポーツクラブでのスタジオレッスンが
ストレス発散や楽しみという女性も多いかと思います。
スポーツクラブではコロナに限らす感染予防のためにこうしたらいいですよ
ということを今日はブログでお伝えしたいと思います。

①ヨガマットやストレッチマットやダンベルやマシンなどを触った手で顔をさわらない

ウイルスがついたダンベルやマットやマシンで運動する

手にウイルスがつく

目や口を触る、汗や髪の毛を整えるのに顔を触れる

接触感染

となってしまうのをなるべく防ぎます。

②換気ができないスタジオレッスンにはでない

ヨガインストラクターとしてはかなり思い切ったことを書きました。
エアロゾル感染ともいわれるコロナウイルス、
エアロゾルとは例えば汗臭さがスタジオに残るというようなことです。

換気が必要になります。
特に室温を上げるので換気をしないホットヨガ系は注意が必要です

ホットヨガやスタジオレッスン中、必ず必要になる水分補給。
実はペットボトルや水筒にもウイルスがつきます。
それを飲んだら、、感染のリスクが高まりますね。

③隣の人との間隔をあける

なるべくスタジオでは隣の人と距離をとりましょう。

そしてスタジオレッスンやトレーニングや
ストレッチが終わったらすぐに手洗い、うがいですね。

パーソナルトレーナーとして
ヨガインストラクターとしては言ってはいけないのかもしれませんが
健康のために通っているスポーツクラブで
コロナウイルスに感染して健康を害しては本末転倒です。

どうしても感染しやすい環境の一つであるといえますので
思い切ってお休みするのも一つの手だと思います!

最後までお読みくださりありがとうございました。

191.3日坊主の女性のダイエットに効果的な方法をパーソナルトレーナーが教えます

 


こんにちは。

銀座、豊洲、品川、大井町、NASを中心に活動している

40代からの女性専門パーソナルトレーナーの片山ちひろです。

 

すっかり秋めいてきて、お芋や栗、かぼちゃというような

グルメの秋にも突入してきました。

 

ダイエットが続かない・・

食べちゃダメと分かっているのについ食べてしまう

ダイエットは明日からが口癖

そんな女性が多いかと思います。

 

でもなぜ続かないのか分かりますか?

 

「意志が弱いから?」

「何をやっても三日坊主だから?」

いえいえ、違います!

続かない理由はズバリ「我慢、制限をしているから」です。

 

 

ダイエットしようと決めると

・甘いものを食べるのを辞めよう

・夜は白米なしにしよう

・毎日2キロジョギングしよう

・お酒は辞めよう

 

と決められる方が多いかと思います。

これは我慢や制限になるので

ストレスが溜まってしまいます。

 

そうではなくて、食べるものの選択 というように考えていただくと

ストレスがたまることなく自然と痩せることが可能になります。

 

食べるものの選択とは?

 

例えば、あなたが毎日甘いヨーグルトを食べていたとします。

そのヨーグルトを辞めようと思うのが制限や我慢。

そうではなくて、低糖のものを選んだり無脂肪のギリシャヨーグルトを選んだりすれば

それは選択となり、ヨーグルト食べたい欲も満たされ三日坊主となることなく

続けられます。

 

同じようにあなたが毎日職場のパソコンの前でチョコレートをつまんでいるのなら

完全に辞めるのでなく、75%のハイカカオのチョコレートに変えてみる

又はおやつを完全に断つのではなく、チョコレートの代わりにアーモンドや酢昆布やガムに変えてみる

などしていくと、甘いチョコレートを毎日口にしていた習慣がなくなり

口にする回数が減ったり、食べるものが変わったりして

自然と痩せていきます。

 

焦らないで

 

40代からの女性は「気が付いたら太っていた」という方も多いでしょう。

家族が増えたり仕事が忙しくなり、そんなライフスタイルの変化の中で

ストレスがたまって食べる量も増えてきたのかもしれません。

 

そんな忙しい生活の中で「短期間で急に痩せよう」と考えたらダメですよ。

あっという間にリバウンドして今まで以上に体脂肪が増えてしまいます。

必ずカラダは変化していきますので焦らず、長い目で見て少しずつ変えていきましょう!

 

具体的には1か月で体重の0.5%以上落とすとリバウンドする確率が高いといいます。

例えば70キロの方でしたら1か月に3.5キロ以上痩せたら、リバウンドしやすくなります。

1週間に500グラム以上痩せたらリバウンドしやすくなる、とも言えます。

 

ご自分のリバウンドしにくいペース、計算してみてくださいね。

 

158.あなたの後ろ姿は大丈夫?おばさんになっていませんか?

 


こんにちは。

自由が丘、駒沢公園を中心に活動している

50代女性専門パーソナルトレーナーの片山ちひろです。

 

まだまだ寒い日が続いていますが

暦の上では春になりましたね。

春はすぐそこ、薄着の季節がもうすぐやってきますよ!

 

お化粧品やお洋服などみなさんお好きで

よく買われて気を使われているかと思います。

手も乾燥していますので

ハンドクリームもマメに塗られている方も多いですね。

 

年齢が出る場所は手や首と言われていますが

ズバリ「後ろ姿」にも年齢があらわれていることをご存知ですか?

 

どんな後ろ姿がおばさんっぽいのでしょうか?

 

しかも、実年齢以上に見えてしまう恐れもあるのが「後ろ姿」なんです。

一体どんな後ろ姿が老けてみえると思いますか?

 

猫背

まず第一に猫背。

背中が丸まっているだけで、10才以上老けて見えますね。

あなたの背中は大丈夫ですか?

鏡で横を向いてチェックしてみてくださいね。

 

肩が丸まっている

そして肩。

肩が内側に丸まっていると、二の腕が太く見え

結果的に猫背になりやすいです。

あなたの正しい肩の位置、ご存知ですか?

耳たぶの真下に肩は来ていますか?

 

ブラからお肉がはみ出ている

Tシャツや少しピタっとして洋服を着た時に

ぷよっとしたお肉がブラの脇や下、横からはみ出ている。

これはもっさりとして見えますね。

脂肪が多いだけでなく、やはり姿勢が悪いことで

このような場所のお肉がたるんでしまっているのです。

 

そして、このお肉を隠そうとして

ダボっとした服を着ると

余計ボリュームアップしてもっさりして見えてしまいます。

 

腰回りにお肉がついている

ウエストの上あたりのプヨッとしたお肉。

なぜこの部分のお肉は取れないのでしょう?

ここが動かさない部分で癒着しているからと言われています。

 

脇をよく動かすことでこのお肉が取れやすくなりますので

腹筋のような縦の動きだけでなく

是非横の動きも取り入れてみてくださいね。

 

 

ただ痩せるだけではおばさん化した背中は治らない!

 

じゃ、せめて普段は正しい姿勢、いい姿勢、姿勢を伸ばして歩こう

と思われて胸をはって歩いたら

逆にもの凄く背中や肩周り、腰が疲れてしまうという方、すごく多いか思いかと思います。

 

これは、今まで間違えた姿勢を長年とっていたので

正しい姿勢を保持する筋肉が弱ってしまっていることが原因です。

筋が短くなってもいます。

 

ということは、ただ脂肪を落として痩せるだけでは

猫背やたるんだ背中は治せないということなんです。

どうしても筋肉が必要です。

残念ながら、筋肉はエステや食事制限、整体ではつけることが出来ません。

 

半年くらい、慣れるまでは「正しい姿勢」に違和感があるかと思いますが

段々と筋肉がついていくことで

違和感なく猫背や肩の内巻きが治り、

それに伴い、たるんでしまった背中の肉が消えてきます。

 

 

普段自分ではなかなか背中や後ろ姿を見ることが出来ませんが、

だから余計、気がついた時にはおばさんのような後ろ姿にビックリするのかもしれません。

 

今からスタートすれば

夏前にはすっきりとした若々しい背中、薄い背中を手に入れることが出来るかと思います。

 

是非一度背中や後ろ姿をチェックしてみてくださいね!

どうすれば猫背や肩の内巻きが治せるのかわからない方は

お気軽にお問合せください。

 

お問合わせはこちらをクリック

 

 

147.駒沢にも沢山あるホットヨガで痩せる?パーソナルトレーナーが答えます

 


こんにちは。

自由が丘、駒沢、碑文谷を中心に活動している女性専門トレーナーの片山です。

 

広告の少ない日経新聞をとっている我が家ですが

それでもこの年始、ホットヨガスタジオの広告が何枚か入ってきました。

TVCMの「ホットヨガはラバ・・・・!」の歌が耳から離れない位

こちらもよく目にしますよね。

 

私も年末に某大手フィットネスクラブでのホットヨガのクラスで

代行を依頼されたので久しぶりにホットヨガのレッスンをしてきました。

若い男性も参加するほどの満員御礼のクラスでした。

 

なぜホットヨガが人気なのでしょう?

 

岩盤浴と同じようにその空間にいるだけで汗をかく

デトックス効果があるのが人気の理由の一つだと思います。

 

60分のクラスで500ミリリットルのお水では足りない位です。

私は1リットルくらい用意します。

サウナがお好きな方のそのお好きな理由と同じように

沢山お水を飲んで沢山汗をかいてすっきりされたい人に人気かと思います。

 

また、理由のもう一つに芯から温まることが出来るからということも上げられます。

暖かい空間でゆったり深呼吸しながらカラダを動かすと

じわじわと体も伸び、レッスンが終わったあともポカポカでいられるので

特に寒い冬はお客様がいらっしゃるような気がします。

 

暖かい場所でストレッチを行うと

柔軟性や可動域も広がる、カラダが動きやすくなるということも人気の理由でしょう。

 

痩せたりお腹のお肉はとれると思いますか?

 

残念ながら汗をかいてもそれは水分ですので、体重は一時的に落ちるかもしれませんが

脂肪は落ちないでしょう。

またお腹周りのお肉をとるには、姿勢を正しくしなければならないので

姿勢が矯正されない限りは、下っ腹ぽっこりも平らになってはいかないかと思います。

 

つまりホットヨガはどちらかというと

汗をかいたり、カラダを動かすことで、「気持ちがいい」というのを感じていただくプログラム寄りかと思います。

 

辛いお料理を食べて汗をかくのと似ていますね。

三軒茶屋のタイ料理屋さん、イサーンキッチンのトムヤムクン。下北沢へ向かう途中にあります。

 

 

 

もし、お腹周りのお肉を何とかしたいと思っているのならこちらがお薦め!

 

もしあなたが「お腹周りのお肉を何とかしたい」「カラダをもう少し引き締めたい」と思っているのなら

人気や安さにつられてホットヨガに通うのではなく

ピラティスでインナーマッスルの使い方やカラダの使い方を覚えて

ウエイトトレーニングで筋肉をつけていくのがお薦めです!

 

「私の体の使い方あっている?」

「私の姿勢って正しい?」

「呼吸は正しく行えている?」

という疑問などございましたら、初回カウンセリング&体験で拝見させていただきますので

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

私は勧誘など絶対行いませんので、お会いした体験の時間でみなさん満足して帰られて行かれます(笑)

ご親切にいろいろ教えて下さってありがとう

とお言葉いただいています!

お問合わせはこちらをクリック

 

 

118.ライザップの広告を見て糖質制限について考える

 


こんにちは。

自由が丘、世田谷を中心に活動している女性専門トレーナーの片山です。

 

自宅ポストに投函される情報誌の「ぱど」

地域のお店なども紹介されるので、好きで目を通します。

ちなみに桜新町にあるタケノとおはぎというお洒落なおはぎ屋さんもぱどで知りました。

 

そしてこの連休ドカンと飛び込んできたのは

「ライザッ○さんの無料モニター募集」の広告。

 

えーーー!高いというのは知っていましたが

2か月で約30万もするんですね!

相当衝撃的だったので、この週末ご予約いただいていてお会いしたお客様には

かなりの確率でライザッ○話を私からふってしまいました(笑)

 

 

私はライバルでも同じ土俵にものっていないので

純粋にパーソナルトレーナーとしての立場から糖質制限についてお話させていただきますね。

 

糖質制限は悪なの?一生抜いて生活するの?

 

糖質制限をすれば短期間で体重が落ちるのは確かです。

しかし、減ったのは脂肪でなく水分です。

それは人間の体内で糖質と4倍の水が結びついたグリコーゲンが蓄えられています。

糖質を抜くことによって、脳を動かす為にまず肝臓にあるグリコーゲンが分解され糖質が使われ

4倍の水分が体内から出て行きます。

そして体を動かすエネルギーが足りないのでさらにグリコーゲンが分解され、また4倍の水分が出て行きます。

 

結果、体脂肪は減らず体内の水分が出ていくので1か月で5キロくらい体重が落ちてしまうのです。

これが糖質制限をしたら体重が落ちるメカニズムです。

 

あなたの目標は体重を落とすことですか?

違うはずですよね。数値うんぬんより見た目が変わることが目標ですよね。

脂肪は減らず水分だけ出て行った体、、想像してみてください。

 

そして糖質をまた取り始めた途端、体重は元に戻ります。

また、人間の脳は糖質だけがエネルギーですので

糖質が足りないとイライラしたりボーッとしたりしてしまいます。

 

確かに糖質の摂りすぎは血糖値、インスリンの観点から

脂肪を蓄えてしまいますが

かといって制限してしまうのはよくないです。

 

血糖値が急激に上がらない食べ方を心がけて、上手に糖質とつきあっていきましょう!

 

糖質制限と脂質制限を比較

 

ちなみに、糖質を多めにとり脂質を控える脂質制限と

脂質を多めにとり糖質を控える糖質制限を1年というスパンで比べた場合

体重の減少は同じだったという研究結果が出ています。

 

なので、イライラしながら糖質をカットして筋肉まで削ってしまうよりも

糖質を取り入れながら楽しく食事をとった方がいいですね。

 

値段が高いことのメリットもある

 

2か月で30万支払うと

「これだけ大金をはたいたのだから絶対ダイエット成功させなくちゃ」

とたいていの方は思うでしょう。

 

自分の支払ったお金を無駄にしたくないし

自分の選んだ方法が間違えていたと思いたくないですからね。

 

そういう理由から2か月で1万よりは

30万という高い値段の方が体重減は成功するのかと思います。

 

目標達成しなくちゃヤバいぞと思う環境づくりですね。

 

一生続けられる食生活や生活習慣の改善を含むパーソナルトレーニングで

私はお客様が目標達成することをお手伝いしたいと思います。

 

お問合わせはこちらをクリック

110.無理してあらがうより流れに身を任せて出来ることをやる

 


こんにちは。

自由が丘、世田谷を中心に活動している50代60代女性専門トレーナーの片山です。

 

今日は夜、某病院で職員さま向けのヨガのレッスンでした。

夜の病院はみなさんをお迎えする準備とレッスンが終わって片づけている間

一人になるので実はちょっぴり怖い(笑)

 

しかも今日は3つある電気のうち2つつかないという、、

 

 

病院内のこのような場所でやらせていただいています。

 

年齢との付き合い方

特に総合病院などは

赤ちゃんからお年寄りまで様々な年代の方がいらっしゃるので

 

昔はあんなんだったんだな、

何年かすればあんな感じになるのかな、

などいろいろ考えさせられるシチュエーションでもあります。

 

昔のように徹夜しても元気!

お肌もピカピカ!

一日中歩き回っても全然疲れない!

よけいな脂肪はついていない!

 

そのような体ではなくなってきたのはみなさん一緒だと思います。

それは自然の摂理なのである程度は「昔とは違うんだな」と受け入れ

50代60代という世代の中で理想の生き方あり方を進むべきかなと思います。

 

無理をして20代の頃と同じ生活をするのもそれは違う

しかし、そのまま年齢を言い訳にして何もしないのも違う

 

さじ加減が難しい所ですが

今のご自分の中で出来ること必要なことをやっていくべきかなと思いながら

いつも仕事やお客様と自分と向き合っています。

 

お体や体調のことであなたが

 

「今必要なことって何ですか?」

「今できることって何ですか?」

 

そう迷われたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合わせはこちらをクリック

 

 

71.パーソナルトレーニングは自分への投資

 


こんにちは。

世田谷、目黒、自由が丘中心に活動している

女性専門パーソナルトレーナーの片山ちひろです。

 

「自分へのご褒美」

 

昔から私の大好きな言葉でした。

ご褒美と称して沢山お金使ってきました(笑)

 

しかし、最近は

「自分への投資」

ということを意識してお金を使うようにしています。

 

 

消費・浪費・投資

 

尊敬する先生が

「お金を使う時は それは 消費なのか?浪費なのか?投資なのか?意識するようにしなさい」

と教えて下さいました。

 

忙しい毎日の中で少しでも自分の時間を作る為に

お掃除ロボットを購入するのなら、それは「投資」になります。

 

私も、何かを購入する時は「これは浪費?投資?」と考えてるようにしています。

 

 

パーソナルトレーニングは投資

 

スポーツクラブへ全く行っていないのに、それでもスポーツクラブの会費が毎月引き落とされている

これは明らかに「浪費」になります。

 

お付き合いで毎晩外食をする

これもたまになら人脈づくりや交流になるので「投資」ですが

毎晩惰性で、なら「浪費」になりますね。

 

 

 

ではパーソナルトレーニングはどうでしょう?

スポーツクラブの会費と比べると割高かもしれません。

しかし、マンツーマンで結果が出るのなら

私でしたら「投資」と考えます。

 

私も今日は自分の先生からパーソナルトレーニングを受けてきます!

お客様に還元できるよう、日々勉強しています。

私にとって自分の先生から受けるこの時間も「投資」です!

 

 

ちなみに昨日食べた都立大学「Little CHEF」さんでのランチ。

栄養バランスの整ったカラダにいいお食事。

これは「未来への健康への投資」でしたが、

 

 

ついついデザートに頼んでしまった

甘いチョコレートムース。

これは「浪費」になりますね。

 

では、今日もお読みいただきありがとうございました。

69.摂取カロリーを減らしなさいというトレーナーには注意

 


こんにちは。

自由が丘、世田谷を中心に活動しているパーソナルトレーナーの片山ちひろです。

 

秋になり食べ物の美味しい季節になってきました。

栗、さつまいもなども美味しいですよね。

 

ところで「カラダを引き締めたい」と思われている方

カロリーなど気にされてますか?

私の考えはズバリ「カロリーはそれほど気にしなくていい!」です。

 

 

カロリー計算はさほど重要ではない

 

ネットで目に留まったのですが

50代のダイエット専門にされているパーソナルトレーナーがブログで

50代の女性に「お腹を引き締めたければ摂取カロリーを極力控え、消費カロリーを増やすように運動しましょう」

と提案していました。

 

昔から一日の摂取カロリーを抑えれば痩せる、というような考えが広まっており

食べるものを極力控え、そしてランニングをしてカロリーを消費する方がとても多いです。

 

それでたとえ体重が落ちたとしてもそれは間違いなく「やつれただけ」ですね。

 

そしてそのトレーナーのプロフィールをみて納得。

「20代の女性」でした。

もしかしたら20代でしたらそのやり方でなんとかなるのかもしれません。

根性と若さと代謝のよさでね。

(ちなみに若いモデルさんでも今はそのような無理なことを行っていません)

 

でも、50代、アラフィフの女性はどうでしょう?

・何もしなくても筋力は衰えていく年代

・それに伴い代謝も悪くなってきている年代

なので、摂取カロリーを控えようと脂も避けこんにゃくや野菜ばかりを食べ

必要栄養素が不足すれば

さらに筋肉は削られ、より代謝の悪いプヨプヨのカラダになってしまいます。

 

またじゃ、設定カロリー以内だからと、食事の代わりにお菓子やジャンクフードで

カロリーを取ったらどうでしょう?

そしてさらに疲れやすくなり、下手すれば無理のきかないお年頃なので

病気にすらなってしまいます。

 

引き締まったカラダづくりで重要な食事の摂り方

 

もちろんカロリーも目安の一種にはなりますがそこまで神経質にならずに

神経質にならずにPFC(たんぱく質、脂質、炭水化物)の割合を主に気にしていただければいいかと思います。

炭水化物を減らせば筋肉が減りますし、たんぱく質も減らせば当然筋肉も減ってしまいます。

いかに【炭水化物:脂質:タンパク質 = 60%:20%:20%】のPFCバランスをうまく作るかがカラダ作りのポイントになります。

 

1食のバランスもこちらを意識してみてください。

そうすると

朝はクロワッサンとコーヒー(脂質と炭水化物のみ)

昼はうどん(炭水化物のみ)

夜は和食(OK)

の食生活ではよくないことが理解出来るかと思います。

そしてこの3大栄養素をうまく体内に取り入れるのに必要なビタミンミネラルも少し意識していただければ

健康で引き締まった50代からのカラダづくりは成功に近づいてきます!

 

 

個別にお食事のご相談ものりますのでお気軽にお問い合わせ下さいね。

お問合わせはこちらをクリック

 

 

 

16.60歳を過ぎて猫背になってきたらご注意

 


こんにちは。

渋谷、世田谷を中心に活動しています

「いつまでも動ける健康な体づくり」専門の片山ちひろです。

 

今日は産婦人科の先生とお話する機会がありました。

出産、検診だけでなく女性の骨粗しょう症測定なども行っているクリニックの先生です。

その先生がこんなことおっしゃっていました。

 

「閉経すると一気に背中が丸くなる女性多いんだよね」

「背中が丸くなってきたら骨粗しょう症に特に気をつけないと」

 

 

 

背中が丸くなるのは筋力の低下と骨の密度低下が原因

 

一般的に男性も女性も10代をピークとして年々筋力が低下しますが、

(詳しい数値は今回は割愛しますね)

女性は特に50代半ばになると一気に筋力が低下します。

 

というのも、閉経を迎え女性ホルモンの分泌が減ると

骨粗しょう症や、又はサルコペニアと言ったような筋力が衰える病気になるリスクが一気に高まります。

 

先にお話しした産婦人科医の先生がおっしゃった

「背中が一気に丸くなる」

という状態になる要因は

 

・筋力の低下

・骨の強度の弱まり、軟骨の老化

・組織の柔軟性の低下

 

です。

 

私達人間は、重たい頭を2本足で支えているので不安定な状態です。

その不安定な状態を支えているのが筋肉なんです。

その筋肉が低下することにより、弱くなった骨、硬くなっている組織の要因も加わり

重力に負け、姿勢が崩れていくんです。

 

このようにしてどんどん背中が丸くなってしまいます。

筋力の低下が進むと、意識しているうちは背中はまっすぐに保てるでしょう。

でも無意識、又は疲れている時は維持することが出来なくなってしまいます。

 

もちろん背中が丸い状態は見た目にも悪く

実際の年齢より上に見えてしまいます。

何より背中だけでなく、腰や他の部分にも負担がかかり痛みも出て

内臓などにも影響が出るので健康の面から行ってもよくありません。

 

じゃ、何をすればいいの?

 

もうお分かりかと思いますが、

体を支える筋力が落ちないように、トレーニングをするべきですね、

トレーニングで骨に刺激を与えることで骨が丈夫になることもわかっているので

骨粗しょう症対策にもなります!

トレーニングにより血行もよくなり

栄養素や酸素が全身に行きわたるので見た目だけでなく健康にももちろんいいですね。

 

 

具体的にどこをトレーニングすればいいかというと、

「背中」ではなく、下半身や体幹を中心にまずは行ってみてください。

 

あなたの今の体調やご様子から

どの種目をどのように組み合わせるのかはなかなかご自分でご判断は難しいかと思います。

また、ご自宅で一人で行うと継続は難しいでしょう。

また正しいフォームで行うという面でもなかなか難しいかと思いますので

是非専門家に相談していただけたらと思います。

 

背中が丸くなる前に

是非正しい運動習慣を身につけていただけたらと思います。

今のうちに貯金ならぬ、貯筋と運動習慣ですね(笑)

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

 

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

セッション中は
電話に出ることが出来ませんので

お問い合わせは
下記フォームからお願いします。

24時間以内に必ずお返事いたします。

万が一24時間たっても返信がない場合は

システムのエラーが考えられますのでお手数ですが再度お問い合わせください。
お問合わせはこちらをクリック

どんなことでもお気軽にご相談下さい。

 

 

 

プロフィール
公式Facebookページ
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー